WordPress【ページ内リンクで飛ぶ(ジャンプ)方法】簡単解説

WordPressで記事を作成中に、例えば・・・

『ご存知の方はここを飛ばしてページ半ばからお読み下さい』

とか、

『必要のない方はここはスルーして頂いて次からどうぞ』

なんて書き方がしたくなる時がありませんか??

そんな時は【ページ内リンク】を使って好きな場所に飛ぶことができます。

方法は2種類。

■ プラグインで簡単に設置

 

■ HTMLで記入する方法

ここではプラグインを使いたくない方向けのHTMLを記入する方法をまとめていますが、プラグインで設置したい方はコチラへどうぞ⏬

⇒ページ内リンクとアンカーはプラグインで簡単設置

 

実 践!!

ではまずはどんな事が出来るのか実践してみますね(^^)!

このページの下部にあるテストという項目までジャンプで行ってみましょう~

⏬コチラをクリックして下さい⏬

【テスト】までジャンプ!飛んでみましょう(^^)!

お帰りなさい(^^)!

では、早速方法をまとめますね☆

 

テキストモードでHTMLの入力

タイトルの下にあるボタンで【ビジュアル】か【テキスト】の選択ができるかと思いますが、【テキスト】をクリックしましょう。

 

HTMLの入力方法

コードは飛ばす側と受ける側に入力する必要があります。

■ 飛ばす側の入力(リンク元)

<a href=”#link1“>好きな言葉を入れてOK!</a>

ピンクとブルーのラインの部分は変更可能です。

例えば・・・

 

<a href=”#AAA“>【テスト】までジャンプ!飛んでみましょう(^^)!</a>

ブルーライン:あなたの記事内に表示される言葉になります。

ピンクライン:飛ばす場所と合わせる必要があります。(これからご説明します)

 

■ 受ける側の入力(リンク先)

次に、受け取る側の入力方法を記載します⏬

<h5 id=”link1“>好きな言葉を入れてOK!</h5>

ブルーライン:あなたの記事内に表示される言葉となります。

ピンクライン:飛ばす側(リンク元)と合わせなければいけません。

※飛ばす側の入力をAAAと設定すれば、受ける側もAAAで合わす必要があります。

例えば・・・

 

<h5 id=”AAA“>【テスト】</h5>

こんな感じですね(^^)!

因みにイエローラインのh5は見出しの大きさになります。

h5は見出し5の事になり、ここで受ける側の文字の大きさを決めることが出来ます☆

以上となります!

分からない部分があればご連絡下さい(^^)

⇒Rimへのお問い合わせ

 
⏬実践の結果⏬

ここはテストの為に作成した場所なので、どうぞスルーして下さいm(_ _)m

【テスト】

飛んできましたね(^^)!では、せっかくなのでジャンプで戻りましょう~

戻りたい場所をクリックして下さい⏬

ページ上部の【元の場所】まで戻る(^^)!

『WordPress【違うページの途中に飛ばす(ジャンプ)】するにはの記事へ戻る

17年間ゼロ円の主婦が、月収40万円を達成するようになったのは、たった1通のメルマガ登録からでした。

無料メルマガには、ネットビジネス初心者の方に向けて、専業主婦だった私がブログで稼げるようになるまでを公開しています!

7日間の無料メール講座の登録はこちらをCLICK ↓

 

ただ今ブログ運営者を対象に、アクセスアップ・収益アップの無料ブログ添削を実施しています!

Rimのコンサルに興味がある方はコチラから↓

2 Comments

TM_BB

はじめまして。
とても参考になりました。
わたしの場合、見出しではなくテキストにジャンプさせたかったので、
リンク先で実装できました。
ありがとうございました。

返信する
rim

TM_BBさん
お役に立てたようで良かったです^^
こちらこそ、コメント有難うございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です