WordPress【違うページの途中に飛ばす(ジャンプする)】リンク方法は?

先日、WordPressで記事を作成する時、ページ内でリンクを設定し飛ばす方法を書きました。

今日は、【違うページの途中に飛ばす方法】を解説します(^^)!

ここではHTMLで記入する方法まとめていますが、プラグインで簡単に設置したい方はコチラ⏬

⇒ページ内リンクとアンカーはプラグインで簡単設置

では早速、実践してみましょう☆

跳んだ先にもリンクを貼っておくので、帰ってきてくださいねm(_ _)m

実 践

では、今回もどんな事が出来るのか実践してみましょう!

先日投稿した違う記事の途中に飛んでみますね。

⏬コチラをクリックして下さい⏬

違うページの【テスト】へジャンプ

お帰りなさい(^^)!

では早速入力方法をまとめます(^^)

 

テキストモードでHTMLの入力

タイトルの下にあるボタンで【ビジュアル】か【テキスト】の選択ができるかと思いますが、【テキスト】をクリックしましょう。

 

HTML入力の方法

コードは飛ばす側と受け取る側に入力する必要があります。

■飛ばす側の入力(リンク元)

<a href=”飛びたいページのURL#link1“>好きな言葉を入れてOK!</a>

ラインが引かれている部分は変更する箇所です。

例えば・・・

 

<a href=”https://rim-syuhu.com/archives/1329#AAA“>【テスト】までジャンプ!飛んでみましょう(^^)!</a>

ブルーライン:あなたの記事内に表示される言葉になります。

イエローライン:飛ばしたいページのURLを入力。

ピンクライン:飛ばす場所と合わせる必要があります。(これから説明します。)

 

■受ける側の入力(リンク先)

次に、受け取る側の入力方法を記載します⏬

<h5 id=”link1“>好きな言葉を入れてOK!</h5>

ブルーライン:あなたの記事内に表示される言葉となります。

ピンクライン:飛ばす側と合わせなければいけません。

※飛ばす側のコード入力でAAAと設定すれば、受ける側もAAAで合わせる必要があります。

例えば・・・

 

<h5 id=”AAA“>【テスト】</h5>

因みにイエローラインのh5は見出しの大きさになります。

h5は見出し5の事になり、ここで受ける側の文字の大きさを決めることが出来ます☆

 

元のページを残したまま次に飛びたい方へ

このページを残したまま違うページの違う箇所へ飛びたい方は、コチラを追記する必要があります⏬

target=”_blank”

 

追記する箇所は下記のとおりです。

<a href=”飛びたいページのURL#link1″target=”_blank”>好きな言葉を入れてOK!</a>

試しにどんな風になるのか、確認してみましょう!

このページは残ったまま新しいページが開きますよ(^^)

⏬コチラをクリック⏬

【テスト】までもう一度ジャンプで飛んでみましょう(^^)!

Rimのプロフィールはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です