トレンドブログ『事件系記事』の書き方と禁止ワードの変換について

トレンドブログにおいてよく、『事件系』の書き方が分からないと質問を頂きます。

確かに少しのコツや約束が存在するので、難しく感じるのかも知れませんね。

Googleから警告を受けないよう安全に、なおかつ価値ある内容をユーザーにお届けするための『事件系記事の書き方』をまとめたいと思います。

 

事件系でやってはいけない事

まず、事件系記事を書く時、やってはいけない(やらない方がよい)お約束のようなものがあるのでまとめます。

事実を書いただけの記事にしない

ニュースサイトの様に、起こった事や時系列などを書くだけの記事はGoogleから警告を受ける可能性があります。

そもそも、事件系に対する私の考え方として、

ニュースを知ってしまい、心が揺すぶられてどうしようもないから記事を書き、自分の心の整理をする。

というのが根底にあります。

 

『なぜ?』『どうして?』『他に方法は無かったの?』『未然に防げなかったの?』などなど、色々な思いに心が支配され、記事を書くという流れなので、自然と感想が多くなります。

⇒トレンドブログで事件系を書くのは罪なこと?私が事件を書き続けた理由~

 

事件を書こうと思っている方は、なぜ自分がこの事件を書こうと思っているのかを今一度考えてみると良いかも知れませんね。

そして、自分なりの意見や思いをしっかりと盛り込んだ記事にしましょう。

 

アドセンスポリシーに反する言葉

Googleには厳しい規約があり、それに反するコンテンツと見なされた場合、広告停止もありえます。

そうならないように、事件系を書く場合には注意が必要です。

禁止用語について

AdSenseの禁止用語とされているワードがいくつかあります。

・殺人

・自殺

・死ぬ

・暴力団

・ヤクザ

・AV女優

・レズ・ゲイ・バイ

これに限らず性的な事を連想させる表現などは全てNGですし、その他にも子供に聞かせたくない言葉や連想させるものは控えるべきなんですね。

しかし、事件を書く時、これを完全に排除して書くのはなかなか難しいものがあります。

なので、問題のない言葉に変換しましょう⏬

・殺人…犯人の手でこの世を去ることとなった。最悪の結果となった。

・自殺…自らの手で生涯に幕を閉じた。

・死ぬ…帰らぬ人となる。不幸な結果となった。

・暴力団、ヤクザ…反社会的勢力。

・AV女優…大人の女優。

・レズ・ゲイ・バイ…同性愛者

『Rimは全く使用していないの?』と問われると・・・

正直、、、使っています。

ただ、『事件の内容による』というのが私の感覚です。

凄惨で残酷(あまりにもグロテスク)な事件。

 

幼い子どもに対する残虐な内容や猥褻な事件。

このような内容に関する記事では決して禁止用語を使わないようにしていますし、本来ならそういうネタは扱わない方がベストではあります。

しかし、例えば芸能人が寿命を全うして亡くなったとか、

成功を治めている方の強い生き方の原点は、父の自殺だった・・・などの内容で、必ずしも【死】や【自殺】を使ってはいけないとは思っていません。

※あくまでも私個人の意見なので、使用の際はご自身の判断で行って下さい。

 

事件の内容が凄惨過ぎる時

どうしても凄惨、残虐な記事を書きたいという時は、内容の殆どを自分の感想で埋めるように努力してみては如何でしょうか。

私の場合、凄惨な事件の内容をどうしても書きたい時はAdSense広告を貼りません。

または事件そのものを書くのではなく、犯人の生い立ちや家族に焦点を合わせ、このような人格になった理由を考える記事にしています。

 

事件系ネタの書き方

では具体的にどの様に記事を書くのかをまとめます⏬

冒頭部分

事件のあらましを完結に述べます。

そして、あなたの感じた疑問点や不可解に思う点を投げかけます。

または、すでに分かっている情報に軽く触れ、ユーザーの読みたい気持ちを引き出します。

 

記事本文

次に、事件の内容を知らずに入ってくる方もいるので、詳細をまとめます。

ここで気をつける事は、ニュースサイトのように字を並べるのではなく、見出しを上手に使い、フォントの大きさ、色を変えるなどの工夫をして、ブログならではの見やすさを意識します。

 

情報は、文章でダラダラと書くよりもカテゴリーで分けるほうが分かりやすい時もあります⏬

■時系列

■家族構成

■近隣住民の評判

■幼少期

■学生時代

■生い立ち

■学歴

■経歴

などなど細分化してまとめる事は、読者が読みづかれない、理解度が増すことに繋がります。

 

疑問点や問題定義・感想

そして疑問に思ったことや、問題提議、感想を適度に入れることで、読み手はどんどん事件に関する興味を増し、作者と同じ意見を見つけては共感し徐々に心を落ち着かせるのだと思います。

事件系の記事を書くに当たって、1番大切な部分はこの『疑問点や問題提議・感想』の部分だと思うので是非意識して取り組んで下さいね。

事件系を読む時のユーザーの心理についてはコチラでまとめています⏬

⇒トレンドブログで事件系を書くのは罪なこと?私が事件を書き続けた理由~

 

世間の意見に目を通す

読者と心を通わせる記事を書くことは、事件系に限らず大切な事だとは思うのですが、『事件系』は特に重要です。

なぜなら、事件系の記事は読者からのコメントが多く、世間の感情とあまりにもかけ離れた内容の記事を書くと、コメント欄は炎上してしまうからです。

(私のトレンドブログに寄せられた600のコメントの殆どが事件系記事に関するものです。)

私はいつも、世の中の大多数の意見を調べた上で事件系を書いています。

読者全ての気持ちを代弁する事は不可能ですが、世間の大多数の意見に目を通し、読者の感情を逆なでしない文章を書くことを心がけています。

 

世の中の意見を調べる場所

では最後に、世の中の意見はどこで調べるのか?ですが・・・

Twitterなどでも調べる事は可能ですが、1番良いのはYahoo!コメント欄です。

 

Yahoo!のトップ画面から気になるネタをクリックすると、記事の冒頭が書かれた画面に移ります。

そのまま下の方へスクロールすると、【コメント欄】が表れます⏬

※注意:[続きを読む]をクリックするとコメント欄は見れません!

 

是非【返信コメント】にも目を通しましょう。

意外な意見や優良な情報が多くあります。

赤い四角で囲まれた部分を見ると、世間の注目度が数字で分かりますね。

 

以上、【トレンドブログ『事件系記事』の書き方】でした。

トレンドブログで稼げないなら『速報系』『事件系』で爆発を狙うべし!

ただ今ブログ運営者を対象に、アクセスアップ・収益アップの無料ブログ添削を実施しています。

Rimの無料コンサルに興味がある方はコチラをCLICK↓↓

 

Rimのプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です