息子は反抗期。高校生と言う名のチンピラを黙らせる為に私がしたこと。

このブログに来られた方は、私の様に、子供の反抗に疲れ果て『私のどこが気に食わないの!?』と大声を張り上げる気力すら失っているかも・・・

最初にお伝えしておかなくてはいけません。

『反抗期に特効薬はない』ということを。

救いを求めてここへ来られた方もいらっしゃるかも知れませんが・・・私自身、今日も正に、明日もきっと戦い続けていると思います。

冒頭から絶望するような話になり申し訳なく思いますが・・・

でも読むにつれ、共感頂ける部分や参考にして頂ける部分もあるかと思うので、是非最後までお付き合いくださいm(_ _)m

なおコメント欄に目を通していただけると、同じ悩みを抱える方から力を頂けるかもしれません。宜しければ合わせてお読みください。

 

⇒このお話には続編があります(^^)
【チンピラ高校生】反抗期の息子が母の仕事について初めて語る~

⇒Rim家の反抗期最終編はこちら
反抗期の息子への対応~父親は叱るべき?それとも・・・

息子がチンピラ

最近息子を見ていて思うのです。

『これはもう、チンピラじゃないか!?』

 

何故そんな風に思うのかと言いますと⏬

例えば電車に乗っていてチンピラが乗り合わせ、こちらはサングラスをかけているにも関わらず、

『何ガンたれてんだよ!?』

※大阪では『何メンチ切ってんねん!?』

と言われているような、そんな絡まれ方をされているからです。

 

この様なあり得ない状況が日常的に起こるようになり、『これはもう、チンピラだ・・・』となりました。

イヤイヤ期ならぬチンピラ期があったとは!育児書には書いてなかったけどな・・・(TдT)

 

ではここで一緒に考えてみませんか?

電車でチンピラと乗り合わせた時にどうすればよいかを・・・⏬

1番:車両を変える。

 

2番:良かったらここ座りますか?とご機嫌をとる。

 

3番:『サングラスしてるのに、睨んでいると分かるはずがないでしょう!?』と正論を言う。

 

本当に電車でチンピラと乗り合わせたのなら、真っ先に1番の『車両を変える』ですよね。

 

でも、チンピラは息子。電車は家の事です。

 

そう考えると、

1番は⇒家を出る事を意味します・・・

 

2番は⇒間違えた事をしている息子のご機嫌をとる親ということ。

 

3番は⇒正論で論破するのは、口喧嘩に発展し最悪の状況を招きかねません。

 

正解は、1番でも、2番でも、3番でもない。

では一体どうすればよいのか!?

私の導き出した答えは後ほど・・・

母親が親になりきれていない

さて、少し話は変わりますが、

親と言う字は『木の上に立って見る』と書いて『親』なんだよ。

という意味が今になってよく分かります。

 

つまり親がすべき事は、すぐに手を差し伸べるのではなく、見守る事が大切なのだと・・・

さて、子育てを振り返り、自分がどんな親であったかを思い返してみたいと思います⏬

子供が大人になる過程

木の上に立って子供を見守っていたかを振り返ります。

■ 子供時代

 

今から思えばイヤイヤ期なんて可愛いもの。

 

愛情たっぷり育てましたが、見守るどころかベッタリベタベタでした。

 

 

⏬⏬⏬

■  反抗期の始まり(小学校高学年)

 

自我が芽生え、自分の意思で行動しようと親に反発する時期ですね。

 

親との会話が極端に減り、友人との時間を大切にしだします。

 

子供が大人になる為のファーストアクション。

 

変化にうろたえ、元に戻そうと必死だったかも・・・

 

⏬⏬⏬

■ チンピラ期(中学~高校)

 

自分で行動するけど、上手くいかない時は親のせい。

 

都合により大人と子供を使い分ける。

 

どうやら家族以外の組織(学校や部活)では上手くやれている様子。

 

機嫌により、八つ当たりするなど感情の振れ幅がとにかく激しい。

 

親の言うこと聞かないと分かってても色々言っちゃう。←今ココ。

 

⏬⏬⏬

 ■ 大人

 

自分で考え決断し、また、その結果を人のせいにしない。

 

大人になるとすべて自己責任です。

 

我が子が責任を取れる大人になるよう、その為に親は見捨てず今を頑張らなければいけませんね!

 

さて私の子育ては、決して見守るタイプではなかったな・・・と反省です。

長男は現在、高校1年生。

身長は180センチを超え、ヒゲまで生えて、見た目はすっかり大人です。

そんな息子に対して、今だに『あーだこーだ』と手を差し伸べ、口まで出して子供扱いしているのは私の方。

■ 早く食べろだの、よく噛んで食べろだの・・・

 

■ ファッションについて、暑いだの寒いだの・・・

 

■ 寝過ぎだの、寝なさすぎだの・・・

 

■君はどう思う?と質問しながらの誘導だの・・・

 

■『お母さんはこう思うけどな~』という名の強制だの・・・

数えたらキリがない!

こんな事をしていたら大人になれる訳がない!!

 

でも今からでも決して遅くはないはず・・・

むしろ、チンピラから卒業し立派な大人になって貰う最後のチャンスなのでは!?

チンピラ対策

そこで最初の話に戻ります。

親という立場をしっかり理解した上で、チンピラが電車に乗ってきた時、どうしたら良いかをもう一度考えてみます。

その1:少し離れたシートへ移動。

 

親子でも適度な距離感は絶対に必要ですね。

その2:電車でのマナーを見守る。

 

どこのご家庭でもマナーは既に教えているはず。

 

なので、目の前の息子がマナー違反をしているのはワザとです!!

 

チンピラを演じているのでしょう。

 

例え間違えたマナーでも、叱らず、口を出さず、手を差し伸べず見守ります。

その3:チンピラが声をかけにくい雰囲気を作る。

 

チンピラも人を見てイチャモンを付けるんですよ。

言うことを聞きそうな、弱そうな人を狙ってるんですよ!!

 

しっかりと前を見据え、背筋を伸ばし、凛とした人物像で隙きのない雰囲気をかもし出すことは大切です。

 

優しさの中に、凛とした厳しさ。圧倒的な大人感です(^^)

 

元来、私は生粋の大阪人。

面白い事が三度の飯より好きなタイプですが、少しの間封印し、凛とした大人の女性で彼を見守りたいと思います。

息子を黙らせるには、まずは私が黙ること・・・ですね。

 

『私が本当の大人になる時』・・・なんてカッコイイこと言いませんよ笑

表面とは裏腹に、内心はこんな感じ⏬

嵐が過ぎるのを頭を低くして、同じ様な環境の人と肩を寄せ合い、傷を舐め合い、昨日よりマシじゃない?!と、ごまかしごまかし、ただただ暴風域を過ぎるのを待つのです笑

春の来ない冬はない!

 

明けない夜はない!

 

出口のないトンネルはない!

 

止まない雨はない!

 

雨降って地固まる!

 

底なし沼にも底はある笑

Rimは日々、これを呪文の様に唱え、心の支えにしています^^

私が変わったキッカケ

今回、子育てを振り返ってよく分かるのですが、「愛という名の過保護」であったことは否めません。

素直に反省する部分もありますし、「だって一人目の子供なんだから仕方ないじゃない!」と自分を養護するする気持ちもあります^^

 

そんな時、私にさらなる悩みの種が降りかかりました。

それは・・・

 

夫、無職の危機っ!!

 

「神様に試されてる!?」と恨むような気持ちになりながら、17年間専業主婦だった私は、これを機に働かざる得ない状況になるのです。

結果的にはそれが息子との関係修復に大いに役立つことになりました。

 

私の選んだ仕事は在宅でありながら、パート以上の収入を得ることができるブログアフィリエイトという仕事です。

詳しくはこちら
⇒Rimのプロフィール

今までどおり家事はこなせる上に、気持ちの半分が子供から仕事に向けられるようになりました。

息子の目には正に、電車の中で違うシートに座っている凛とした人に映ったはずです^^

 

最後に、その後のRim家の様子を続編に書いたので合わせてお読みいただけると嬉しいです(^^)

一筋縄ではいかないチンピラ長男のその後は!?気になる方はこちら。

⇒【チンピラ高校生】反抗期の息子が母の仕事について初めて語る~

⇒【Rim家の反抗期】最終章はこちら

 

Rimのプロフィールはこちら

16 Comments

れい

ブログ読ませていただきました。
私、一人じゃない。まさに、そうそうと納得しました。
ありがとうございます。

返信する
rim

れいさん

ブログを読んでくださり、そしてコメントまで頂きこちらこそ有難うございます。
早く反抗期が落ち着き、穏やかな毎日が戻ると良いですね。
我が家は、ほんの少し落ち着きましたが、一瞬で臨戦態勢です^^
お互い頑張りましょうね!

返信する
なつ

初めまして。今、ちょうど次男が高校1年生でめちゃくちゃ反抗してます。反抗と言っても、まず喋らない。うんともすんとも言わない。
学校から帰ってきてうたた寝し始めると起きないから夕飯も食べない&お風呂もみんなが寝てから入る日々。私もつい『起きなさい!ご飯冷めちゃうよ!早くお風呂入って!』ってつい言ってしまって⋯それを言うと更にトゲトゲしくふてぶてしい態度をとる次男。
長男はそんな事が無かったからもうどうしていいのから悩んでたら、このブロクにたどり着きました。
読んでたらなんかホッとしました。
私一人だけじゃないんだ。うちの子だけじゃないんだと。
何かがあれば次男から言ってくるはずですよね。
前向きになりました。
またチンピラに頭悩ませたらこのブロク覗きたいと思います。

返信する
rim

なつさん

なつさんのところは次男くんが反抗期なのですね。
ひとつ家の中で口を聞かない家族がいるのは、とても気を使う状況だとお察しします。
口には出さないだけで頭と心でいろいろ感じている時期なのでしょうね・・・
仰るとおり、何かあれば自らアプローチしてくると思います^^
我が家の反抗期息子は、少しだけ落ち着いたものの、突然チンピラに豹変するのでまだまだ油断できません!
お互い、頑張りましょうね!!

返信する
ふー

私も全くおなじです。毎日苦しく、泣いています。世の中に絶望感すらわきます。でも元気でてきました。ありがとう。

返信する
rim

ふーさん

自分の存在やこれまでの子育て全てを否定されたような気持ちになって、本当に辛い日もありました。
反抗期には特効薬はなく、時間が必要ですね。
長期戦で本当に疲れますが、未来は明るいと信じましょう!!
こちらこそ有難うございます。

返信する
青木百合

Rimさん
こんばんは。
今中1男子の反抗期と闘っている母です。
正にRimさんと全く同じ状況で、このブログにたどり着きました。
私はRimさんみたいに立派な母親ではないので、物に当たったり、主人に八つ当たりしたりしてしまいます。そこは大いに反省しました。
でも自分の信念だけは曲げずに生きているつもりです。
これからRimさんが書いていた3ヶ条をこれから実践してみたいと思います。
無関心ではなく、木の上に立って見守ることとはどこが境界線なのか、それとはどう違うのかとても迷いますが、愛だけは捨てずに3ヶ条貫いて見ようと思います。
まだ周りにはここまでひどい反抗期になってる人がいないので、私の育て方、私の生き方が間違っていたのかと毎日毎日苦しい日々でしたが、Rimさんのブログを読んで、心が少し楽になりました。
頑張ってみます。
本当にありがとうございました。

返信する
rim

青木百合さん

中1男子と闘い中なのですね!
私も夫に八つ当たりしてしまいます。

そして私にも曲げられない信念があります。

この頑固な信念がポキっと折れてくれたらどれほど楽かと何度も考えましたが・・・どうやら、これは変わりそうにありません。
憎ったらしいけど、本当に大切に考えている証です・・・

今は、近すぎた息子との距離を、上手にとることだけを考えています。
百合さん、頑張りましょうね!!

返信する
すえはる

私は高校二年生の娘が反抗期真っ只中です。今日も激しく口論した上に、それ以上の、バトルになりました。見も心もぼろぼろで、涙が出てきます。どうやったら娘が素直になってくれるのでしょうか?

返信する
rim

すえはるさん
女の子の反抗期も大変でしょうね・・・
文章からすえはるさんの傷ついた気持ちが伝わってきました。大丈夫ですか?

私は偉そうなことは言えませんし、
我が家のやり方があっていたとも思えませんが、私の行ったことは2つです。

距離を置くことと、
叱るときは本気。

きっと同じようなことはどこのご家庭でも行われていますね。
バトルの先に、必ず分かり合える日がくると思っています。

それまでどうか、自分を責めすぎないようになさって下さいね。

返信する
かむは

今 高1男子の息子がわからなくて 毎日 気持ちがすり減って行く感じです。
その息子が中学2年の時、息子の態度に 一度 私も一切 無視した事があります。朝 行ってらっしゃいともおかえりなさいとも、こちらからは話しかけない、何か言われても 敬語で対応。その対応してる時は確かに少しラクに感じたのを覚えてます。が、その対応は彼は不安に陥らせたのでしょう、自分を見てほしい!と思ったのでしょう、嘘をつき、警察も学校も巻き込む事が起こりました。
今 また 反抗期の激しい波が押し寄せて来て、このプログを読んで rimさんと同じように また 彼を無視するような対応をすると また中学の時のような事件に繋がってしまうのではないかと 私自身のトラウマなのか できないでいます。rimさんの息子さんは母からシカトされる日々に耐えられず 手紙を書いてきたんじゃないんですか?
すいません、クレームを言ってるんじゃないんです。みな違う人間ですから 、全ての反抗期にこちらに書いてある方法が当てはまるとは思ってないのですが、何がいいのか分からなくて、支離滅裂な文になってしまいました。

返信する
rim

かむはさん

コメント有難うございます。

中学時代の反抗期、大変でしたね・・・
うちはピークが高校1年生だったので中学の時はまだ「やりにくいなぁ」という程度だったように思います。

かむはさんの仰る通し、どこの家庭も同じやり方で解決するはずがないと思います。

でも共通点もあるのかな?と思うことは、
「放っといてくれ!喋りかけるな!」というアピールする構って欲しい子供。
我が家の場合は無視することで「誰が本気で放っとけって言った?」に気づかせたのかも知れません。

そして反抗期に終わりを迎えることができたのは、
私が息子を無視した事はキッカケに過ぎず、それを機に腹を割って話すことができたからだと思います。

夫も弟も同席してもらい、お互い冷静に話すことを条件にすすめました。

話し合いでは「やることなすこと、顔も表情も使う言葉も本気で嫌いだ。きしょい。同じ空気を吸うことも嫌だ。」などなど色々言われましたが、あの時の彼の本音だったことは間違いないと思っています。

夫が平等な立場で話してくれる言葉が有難かったです。

「その気持は良くわかったし、お母さんには口うるさいところもあり僕も腹が立つときがある。でも例えそう思っていても、そんな言葉や行動をぶつけていい相手は世の中に一人もいない。」
「お母さん以外に同じ様な事を言ったりやったりする相手はいるのか?」
「いるのなら間違えているし、お母さんだけなのならそれはお母さんだけに甘えているということに気づかないといけない。」
そんな事を話してくれたように記憶しています。

「無視」というマイナス方向に大きくベクトルを取ったからこそ話し合いが功を奏したのかも知れません。

かむはさん、一生このままの関係だと思っていましたが、世間が言う通りいつの間にか終わりを向えました。
いつか必ず…と信じて、頑張ってくださいね。

返信する
かいこ

こんにちは。読ませていただいて早速実践させていただいています。
うちは高1の男子(一人っ子)です。
春休みくらいから、貰ったお小遣いを一瞬で(買い食いなどで)使ったり、夜も遅くまで遊び、スマホを離さず、朝も起きず。
せっかく入った高校なのに、宿題適当。家では一切勉強しないし、部屋はぐちゃぐちゃ。
私(母)に対しては、それこそチンピラで。「うざいねん!」「死ね!」と暴言吐きまくりです。

悩んでいてこちらを拝見してから、3日。
息子が穏やかなんです!!
まず1日目、私が話さないことに不思議そうにしながら部屋の掃除をしていました。
2日目、「なんで話さへんねん」と言いながらも、こちらの様子をうかがって。
そして今日、朝は起こされる前に起き、用もないのにリビングのソファの私の隣でスマホを見たり(いつもは自室にこもってる)、草むしりをした私に対して「ありがとう」とまで言いました。そして、いない時にこっそり覗いた部屋の机の上には教科書やノートが!勉強も始めたようです。

私も今まで、どれだけうるさい面倒な母親であったかを再認識出来ました。

しばらくは様子見ですが、頑張ってみます!
ありがとうございます!

返信する
rim

かいこさん

私の書かせて頂いた方法が上手くいきましたか!!
嬉しいです^^
親子でも距離感は必要ですよね。
そして反抗期の時は更に遠く離れた方がいいと思っています。

でも油断してはいけませんよ(T_T)
高校生の機嫌は秋の空よりも変化が激しいですから・・・

かいこさんのご家族が、これまでより良い関係で過ごせるよう願っています^^
コメント有難うございます。

返信する
Haru

初めまして。
ウチのチンピラは長男の高校3年生です。

これまで家族の中では1番仲良しで、本当に良くおしゃべりもしてきました。
それなのに、今年の夏休みから突然チンピラになったのです。彼女と遅くまで遊び 門限も無視。言う事を聞かなくなりました。
こちらが怒っている状況でも何も無かったかのように話してきたり、意味が分かりません。
私自身、とても厳しい家で育ったので
息子のやる事が理解できないのです。
これが【反抗期】という事に気付いたのも ついこないだです。
これが【反抗期】ってやつなんだ…
仲良しだっただけに、ショックが大きく 絶望感しかないです。
主人は、【沈黙の怖さ】を教えるつもりで 今は何も言いません。

私は一体どうすればいいの?
と、ここへたどり着きました。
Rimさんの呪文を見て涙が溢れました。
結局は、私 寂しいんですよ。
でも、私も背筋を伸ばし凛とした姿を息子に見せたいと思います。
メソメソ泣いてるようじゃダメですね。何せ相手はチンピラなので つけ込まれますよね。
しかも、ウチにはあと2人も男の子がいるので 尚更!
眠れない日々が続きますが、頑張って行こうと思います。

返信する
rim

Haruさん、はじめまして。

息子さんととても仲が良かったのですね。
ウチも他のご家庭よりも距離が近く、会話も多かったように思います。
これまでの距離が近かった分、離れる時は大きな力が必要なのかもしれませんね・・・

Haruさんのコメントを読ませて頂いて、当時「寂しい」という気持ちを隠していた自分に気づきました。
怒りとか悲しみとかいろんな感情に支配されていましたが一番は「寂しい」のですよね。

きっとそれは息子さんにも伝わって、反抗期は早く終わりを迎えるのではないかなと思いました。

男の子3人のお母さん、尊敬します^^
ウチにももう一人控えています。
中学1年生です。
最近、言葉尻が変化してきたのを見逃していません。
お互い頑張りましょうねっ!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です