【チンピラ高校生】反抗期の息子が母の仕事について初めて語る~

先日『息子は反抗期。高校生と言う名のチンピラを黙らせる為に私がしたこと。』といった内容のブログを書きました。

あまり暗い状況を想像させてしまうのもどうかと思いまして、努めて明るく書きましたが、実はそうとう悩んでましたし、たくさん泣いたし、家出もしました

もしかしたら息子が中学3年生の時に始めた仕事のせいかな・・・

私にとっては『在宅ワークは夢のような仕事』でも、知らず知らず子供に負担をかけているのかもしれない。

しかしこの度、息子から私の仕事に対する思いを聞くことができました。

チンピラ高校生への対応まとめ

できれば前回の記事から読んで頂きたいところですが・・・

⇒息子は反抗期。高校生と言う名のチンピラを黙らせる為に私がしたこと。

 

前回の内容も含めながら書きますね(^^)

まるでチンピラのような絡み方をしてくる反抗期の息子に、私が意を決して行った行動をまとめます。

そして息子が激変するところまで続くので、是非最後までお付き合い下さいm(_ _)m

 

私が息子に行った3つの事はこれ⏬

❶ 距離を置き、目も合わせない。

 

❷ 間違えたことをしていても黙認。

 

❸ チンピラ高校生になりにくい雰囲気を作り出す。

これを実行して約1ヶ月・・・劇的な変化があったという訳ですが、上記のことをもう少し詳しく、具体的な私の行動も含めまとめます⏬

距離を置く

親子でも適度な距離感が必要だと思うんですね。

この時、中途半端な距離では効果はないと考えました。

やるなら思いっきり。一気に離れたほうが良い・・・

中途半端な距離感は逆に揉め事の種です。

 

一切の口出しを止め、見守りに徹する

食事のマナー、物に当たらない、人は何をしたら嫌がるか、何を言ったら傷つくのか・・・などなど、一通りの事は全て教えてきましたよね。

にも関わらず、ダメな事を堂々とやって見せるのはハッキリ言ってワザとです(TдT)

例え、1週間にポテトチップスを一人で3袋空けている事が発覚しても何も言いませんヽ(`Д´)ノ

今更、『それは身体に良くないって分かるよね?』なんて正論は通用しないと考えましょう。

だから、一切の口出しを止めて、見守る事に徹する事です!!

 

そしてこの時、目も合わせてはいけません。

何故って?動物の間では目を合わせる事は威嚇行為ですから 笑

 

それに目は口ほどに物を言うって言いますよね。

あなたの目は喋っていると考えたほうが良いでしょう。

チンピラが声をかけにくい雰囲気

チンピラも人を見てイチャモンを付けます。

気の弱そうなオドオドした人を選んで声をかけるんですよ!

チンピラ高校生に、こんな顔じゃぁダメ・・・⏬

 

 

まっすぐ前を見て、背筋をピンと伸ばして、凛とした母親を演じます。

楽しい楽しい、新喜劇のような大阪の食卓は少しの間、封印・・・

息子からの手紙。仕事への思い

さて、これを1ヶ月続けたら息子に変化が表れました。

見るからに態度が変わる中、私のお誕生日を迎え、何と息子から手紙を貰ったのです(´゚д゚`)!

 

お手紙の内容を抜粋

手紙には私がこの1年半、一番に考え取り組んできた事が書かれていました。

 

 『仕事を頑張りながら、家のことをきちんとこなし、

お父さんのこと、子供のこと、実家の事まで、皆のワガママを全て聞いているお母さんを尊敬している。』

 

という内容でした・・・はい。泣けました・・・(TдT)

 

何が嬉しいって、

息子のいう、『家のこと、お父さんのこと、子供のこと、実家のこと・・・』

そう、私が1年前に仕事をすると決めた時、考えの軸となった部分です。

 

『今を変えず、何も諦めずに稼ぐ方法はないの!?』

 

『私が仕事をすることで誰にもしわ寄せが行かないようにしたい!』

 

『全てを叶える仕事ってないの!?』

 

そして『在宅ワークしかない!』という結論に至ったのです。

1年半前の決断が正しかったと言われたように感じました(TдT)

⇒Rimが選んだ『在宅ワーク』はこちら

 

更に

『僕はもう15歳。そろそろ自立していく歳です。これからはもっと自分の為に、自分の好きな事をして欲しい。』

『僕もお母さんのように折れることのない信念を持った、強い大人になってみせる。』

と締めくくられていました(TдT)

この『自分の好きなこと』を、私は『仕事』と捉えました(^^)

仕事をしながら家庭を両立しようと奮闘する私の姿が、子供たちに何かしらの良い影響を与えるんだと信じて、これからも頑張ろうと決意を新たにしました。

これからの私達

さて、これからの私達の事が気になりませんか?

明日から、どうしましょう ??

気持ち的には離れた距離を一気に縮めて、ベッタリやりたいところですが、この距離感は今後も必要と判断しました。

彼がこれから大人の階段を登る為に、また私が子離れするために、この距離感は必要なのではないか?まだ手探り状態ですがもう少しこのままで・・・

おそらく昔に戻るのは一瞬ですからね。

 

 

お互いこの1ヶ月に色々なことを考え、整理する期間となったようです。

結局、喋らない母は、怒ってる母より怖かっただけだったりして笑

これで反抗期が終わった訳ではないと思いますが、大きく一歩前進したのは間違いありません。

⇒【Rim家の反抗期】最終章はこちら

⇒Rimが在宅ワークを始めるキッカケとなったお話はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です