WordPressでルビを打ったら改行される時の対処法

WordPressで記事作成をしていて、時折不便に感じていた事。

ルビを振れないのかしら・・・

難(ムズカ)しい漢字(カンジ)の横(ヨコ)にフリガナ打つのって幅(ハバ)をとるしダサい。

調べてみると案外、簡単じゃない!!

と、思いきや・・・あれ?何かおかしい(T_T)

改行したら単語とフリガナがバラバラになってしまう!?

そんな時の対処法をまとめています。

 

ルビとは

『ルビくらい知っとるわいっ!』

と叱られそうなので、サラッといきますね(о´∀`о)

 

『どうもRimりむ です(о´∀`о)』

 

これです⏫これ!

読み仮名を振るという事ですね。

プラグインを使う方法もありますが、プラグインは相性もあればサイトを重くする可能性もあるので、個人的には、なるべくなら使いたくないと思っています。

めちゃくちゃ簡単ですし、是非この方法で試してみて下さい☆

ルビの振り方

ルビを使う時は記事の投稿画面で『ビジュアル』ではなく、『テキスト』画面で行います。

 

入力方法するコードはこちらです⏬

<ruby>文字<rt>フリガナ</rt></ruby>

使い方について

使い方は『テキスト』画面に、上記のコードを入力し、単語とフリガナの部分を好きなように入力するだけです☆

ruby>Rim<rt>りむ</rt></ruby><

 

入力後、『テキスト』画面から『ビジュアル』画面に変えると・・・Rimりむ

 

はい!できました(о´∀`о)☆

 

!問題発生!

ここで困ったことに・・・

ルビを振った後に改行すると、こんな風にバラバラになってしまう⏬

Rim

りむ

ありゃりゃ(T_T)

 

解決策として、自他ともに認める荒業を一つ。

 

『テキスト』画面で

<ruby>Rim<rt>りむ</rt></ruby>明日の予定はグルメツアーです。

こんな風に次の文字までうちます。

それから『ビジュアル』画面に戻してから改行すればOK!

Rimりむ

明日の予定はグルメツアーです。

うまくいきました(^^)☆

ルビが使えるようになると、表現の幅が広がりますね(^^)!

分かりにくい点があればお気軽にご連絡下さいm(_ _)m

⇒お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です