トレンドブログは書き方が重要!最後まで読まれる為の3つの工夫

Google AdSenseで収入を得ようとしてる方へ、今回はトレンドブログの書き方を分かりやすくまとめたいと思います。

トレンドブログといえば、今話題のネタを記事にしてアクセスを狙う手法ですが、『書き方が分からない!』という方のために、アクセスの上がる記事作成方法をまとめます。

一番大切な事は、読者に最後まで読んで頂ける記事を書くことです。

私はこの方法で記事作成をして、何度も1ページ目1番上に表示されています(^^)

分かりやすくまとめるので是非参考にして下さい!

 

ユーザーが求めている事

まず、最後まで読んでいただく記事を書くには、ユーザーが何を求めているかを知るところからだと思います。

私が思う『ユーザーが私の記事に求めた事』は以下の通り⏬

情報 共感 整理

一つずつお話していきます(^^)⏬

情報量は必須です!

まず最後まで読んでもらう記事作成において、『情報』は必須です。

情報だけのブログも良くない!というお話は後ほどするとして・・・情報を探しに来ているユーザーに対して情報量が少ない!

またはタイトルに書いてる情報が含まれていない!!

ではいけませんね。

 

情報量とは結局、文字数とも言い換えれますが、私は少なくても1500文字以上は書くようにしてきました。

その結果、

読者が時間をかけて読むことになり、必然的に滞在時間も長くなります。

そしてGoogleから価値ある記事と判断されるのです。

情報量=文字数=滞在時間=価値ある記事

 

でも、とにかく文字数が大切!とばかりに、文章を長く長くすることだけ集中してはいけませんよ!!

考えてみて下さい。

辞書の様に分厚い本は、読む気が失せますよね!?

ユーザーからすると『読む』という行為は『しんどい』と思っているくらいで丁度よいでしょう。

ではどうするか・・・・

文字数の多い記事を少なく見せるテクニック

文字数は大切なのに、文字数が多い文章はしんどい!って・・・矛盾。

 

『じゃぁ、どーすんの!?』

ですよね笑

 

答えは、『この記事、そんなに文字数多くないよ~~』と見せかけるんですよ!

 

ウィキペディアって開いた瞬間に沢山の字が飛び込んできて、読むの止めようかな・・・って感じた事はありませんか?

入ってすぐに文字だらけだとユーザーの読む気は失せます!

なので、画面の中に必ず画像や、大きなフォント、色が入るようにして、文字数がそんなに多くないと錯覚してもらいましょう!

気づいたら結構な時間読んでたわ(´゚д゚`)!

これですね☆

目的は共感

これは人によって違うと思います。

例えば炎上を起こすことでアクセスを集める手法を取っているブロガーもいますから、一概には言えません。

しかし、私が求めるブログは【共感】です。

テレビや新聞、ブログから得た情報は友人と語り合うことで、ようやく気持ちが落ち着く時はないでしょうか?

私は、知った情報は誰かと共有するまでモヤモヤが収まらないって事があります。

なので、私が理想とするブログは、【ユーザーが私の書いた記事に共感できるブログ】です。

スッキリしてお帰りいただく(心の整理)

ある程度の『共感』が叶ったら、ユーザーはスッキリ心の整理をつけて私のブログから帰っていきます。

■ ユーザーは情報だけでは満足しません

 

■ 共感がズレていたらモヤモヤした気持ちは収まりません。

 

■ そして、心の整理がつくまで他のサイトを探します。

私は、私のブログで『情報・共感・整理』この3つの要素がすべて叶うような記事を目指して、日々コツコツと記事更新を重ねてきました。

記事作成のまとめ

では最後に、記事作成に際して気をつけることをまとめますね(^^)

■ トレンドブログにおいて大切なことは、『情報・共感・整理』

■ 情報は大切だけど、文字の羅列で自己満足な記事になっていないませんか?

■ ユーザーが最後まで読んでスッキリして帰っていただく記事を目指しましょう!

⇒トレンドブログのネタ探し~サイト情報と解説あり!毎日チェックでもう悩まない!

最後まで読んでいただき有難うございました(^^)☆

 

 

Rimのプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です